×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イタリア料理のレシピ集 イタリア料理レシピ
イタリア料理のレシピ集
ブルスケッタのレシピ
ブルスケッタ(Bruschetta)は、イタリアでおつまみや前菜として用いられる、イタリア中部の郷土料理です。スライスしたバケットにオリーブオイルをかけ、オーブンやフライパンで軽く焼いた上に、ケッカーソースをのせ、オイルサーディンや、バジルなどのハーブなどをのせていただく料理です。ケッカーソースというのは、トマトとバジルの風味が爽やかなイタリアのソースです。


◆材料(4人分)
・バケット・・・1/4本(斜めに1.5cm幅に8枚切りにする)
・ケッカーソース・・・60g
(トマト1個、バジルの葉2?3枚、エキストラバージンオイル大さじ2)
・オイルサーディン(缶)・・・4尾(1尾を2枚にスライスする)
・パセリまたはバジル(みじん切り)・・・適量
・エキストラバージンオリーブオイル・・・適量
・塩、白コショウ・・・適量

◆作り方
1.ケッカーソースをつくりましょう。
(1)トマトは皮を湯むきし、半分に切って種を取り除いたあと、1cm角に切ります。
(2)バジルの葉は、細かくみじん切りにします。
(3)ボールに(1)(2)を入れて、塩と白コショウをふり、エキストラバージンオイルで和えて味を調えます。

2.フライパンに切ったバケットを並べ、エキストラバージンオリーブオイルをたっぷりかけて焼きます。カリッとしたら裏返しします。

3.バケットにケッカーソース(またはピザソース)を塗り、スライスしたオイルサーディンを1枚ずつのせます。

4.2を入れたフライパンにふたをし、底がカリッとするまで火を通します。

5.器に盛ります。オイルサーディンの上からパセリ(バジル)をふりかけて召し上がれ!

*オイルサーディンの代わりに、ベーコンや生ハムなどを使ってもおいしいです。ベーコンを細切りにし、あればローズマリー少々を合わせて炒めたものを焼いたバケットにのせ、再び底をカリッとさせれば出来上がり!
*ケッカーソースの代わりにピザソースを使ってもokです。手軽に召し上がりたいときには便利ですね。
ブルスケッタ
アーティチョークのサワークリームソースのレシピ
今回ご紹介するのは、アーティチョークを用いた、アンティパスト(前菜)です。アーティチョークは、日本ではまだまだ馴染みの薄い食材ですが、イタリア料理やフランス料理では、酢漬けにしたものをボイルしたチキンと合わせてサラダにしたり、と、食卓によく登場する夏野菜です。和名は「チョウセンアザミ」です。初夏から秋口まで、イタリアの市場では山積みにされたアーティチョークをよく見かけます。

ゆでたものは、ジャガイモに似たしこしことした軽い歯ざわりを楽しめます。日本では生のものは手に入りにくいので、瓶詰めのものを使うと良いでしょう。

今回ご紹介するのは、アーティチョークに爽やかなサワークリームソースを加えた夏のアンティパストです。

アーティチョークのサワークリームソース

◆材料(4人分)
・アーティチョーク(瓶詰め)・・・8個
・プチトマト・・・8個
・サワークリームソース
(サワークリーム 1/3カップ、ブイヨン 2/3カップ、バター 小さじ2、薄力粉 大さじ1・1/3)
・ナチュラルチーズ・・・80g
・パプリカ・・・適量
・パセリ(みじん切り)・・・適量
・塩・・・少々
・コショウ・・・少々

◆作り方
1.アーティチョークはバターで軽く炒め、塩、コショウで下味を付けます。
2.プチトマトは芯と反対の側に十文字の切り込みを入れます。

3.サワークリームソースを作りましょう。
(1)鍋にバターを入れ、薄力粉に絡めるようにしながら煮溶かし、小麦粉が色付かないように炒めます。
(2)だまにならないよう少しずつブイヨンを加え、のばしていきます。
(3)塩、コショウで味を調え、サワークリームを加えて仕上げます。

4.グラタン皿にバターをぬり、アーティチョークとトマトを並べ、3のソースをかけた上に、ナチュラルチーズをのせます。

5.250℃のオーブンで約7分焼きます。

6.焼き上がったら、パプリカとパセリをふって召し上がれ!
アーティチョークのサワークリームソース
牛肉のたたきのカルパッチョのレシピ
イタリアの、特にヴェネチア地方の肉料理にカルパッチョ(Carpaccio)という料理があります。生の牛肉を薄切りにしたものです。マスタードを加えたマヨネーズを網の目状にかけたり、パルメザンチーズのスライスとオリーブオイルをかけたりしていただきます。

「カルパッチョ」という名前は、イタリアの画家、ヴィットーレ・カルパッチョに由来します。生の牛肉の赤とマヨネーズソースの赤と白の配色が、彼の作品の色使いに似ているところからの連想です。

日本ではマグロのお刺身を使った「マグロのカルパッチョ」がアレンジ料理として人気があります。また、牛肉のたたきにスライスオニオンやかいわれ大根などの野菜をのせ、ポン酢とオリーブオイルをかけた、日本風のカルパッチョも登場しています。


牛肉のたたきのカルパッチョ

◆材料(4人分)
・牛肉のたたき・・・8切れ
・大葉・・・8枚
・白ネギ・・・2本

★マスタードソース
・粒マスタード・・・小さじ2
・ニンニク・・・1/2片(すりおろす)
・バルサミコ酢・・・大さじ3
・エキストラバージンオイル・・・大さじ3
・レモン汁・・・1/4個分

◆作り方
1.大葉、白ネギはそれぞれ千切りにしておきます。
2.牛肉のたたきをお皿に並べます。
3.1の牛肉の上に、千切りにした大葉を散らします。
4.マスタードソースをよくかき混ぜながら、3の周りに流し込みます。
5.4の牛肉の中央に千切りの白ネギを添えて出来上がり!

今回ご紹介するレシピでは、牛肉のたたきを使いましたが、鶏肉のささみに軽く塩コショウし網の上であぶったもの(表面に焼き目がつく程度で中はレアがいいでしょう)や、マグロのさしみ、カツオのたたきでアレンジしてもおいしくいただけます。
マスタードソースにちょっぴりしょうゆを加えるとおなじみの味になります。
牛肉のたたきのカルパッチョ(イメージ)
Copyright (C)イタリア料理のレシピ集-おいしくイタリア料理を作ろう-. All Rights Reserved.

働くネット伝説スポーツ明日の日記